バディングでは無垢の木を基本とするシンプルでナチュラルなオリジナル家具のデザイン製作をしています。
カウンタースツール
スツール製作
カウンターに並べるスツールは全部で7脚。2脚は橙色、残り5脚はこげ茶色の張地に決定。カウンターに合わせて、ナラ無垢材のブラウン着色仕上げの予定です。
製作 - -
階段
階段
階段は早くから取り付けられていましたが、踏み板は汚れるので漆喰塗りなどがすべて完了するまでこの状態でした。階段板・手すり
こちらがビフォーアフターのアフター写真です。
アイアンの手すり
階段横の柵はアンティークのアイアンフェンスをアレンジして設置しました。
かなりいい感じです・・・。
製作 - -
ウッディなトイレ
ウッディな壁
タイルトイレとは対照的に、こちらはウッディな空間のトイレです。
製作 - -
トイレの内装
トイレのタイル
トイレの内装に使用するタイルがなかなか決まらず、決まったと思っても在庫切れが続いて、ようやくやってきました。同じシリーズのタイルで色違い・形違いを組み合わせて張っていきます。もちろんシェフ&M君が・・・。
トイレのタイル張り
製作 - -
搬入・取り付け
ピザ窯と窓
ピザのテイクアウト用の窓が取り付け完了しました。道すがら、ピザ釜をのぞいて行かれるお客様も多いと思います。

アンティークドアハンドル
こちらは店舗用ドアに取り付けたアンティークドアハンドル。
キッチンのタイル張り
キッチンタイルも張り終えました。(シェフ&ピザ職人M作)カウンター腰壁
カウンターも無事取り付けが終了しました。カウンター材のニューギニアウォールナットに合わせて、腰板にはクルミ材をブラウンに着色した板を使用(ウォールナットはクルミ科クルミ材)

これほど無垢材をふんだんに使っているお店はそうそう無いと思います♪

こうして少しづつお店のインテリアが出来上がっていく様子がとても面白いです^^
製作 - -
ピザ窯のタイル張り

こちらがピザ窯です。

ピザ職人M君にとってはじめて最初から手掛ける窯。

新しい窯は最初に2週間ほどかけて、徐々に温度を上げていき、それにともなって、水分がポタポタと落ちてくるそうです。そして水分が抜けきった窯は、モルタルがひび割れているので補修してから化粧タイルを張っていきます。
バディングの家具のように、一から育てて長ーい相棒になるといいですね〜♪



ピザ窯のタイル張りはもちろんシェフ&M君の力作です。
製作 - -
工場での加工作業


現場に日参する毎日がようやく落ち着き、今度は工場で製作し、搬入・取り付けという風にやっと仕事内容が大工から家具屋へと本業になってまいりました。


大工仕事の時には針葉樹という比較的軽い材多く扱っていたので、、久しぶりに家具用材に多い広葉樹を触ると、「重い・硬い」を実感!いたします。


製作 - -
トイレを作る


この場所がトイレの設置場所になります。お店の2階に2か所。本当は大工さんに入ってもらって、こちらはそのお手伝いの予定でしたが、結局自分達でやることに・・。水道屋さんや電気屋さんとのからみがあるので、大丈夫かな〜と少し心配ですが、まぁなんとかなるでしょう!
製作 - -
壁下地完了


壁下地が完成しました。外壁塗装はジョリパッドという塗り壁を塗装屋さんが施工してくれるのですが、2色を重ね塗りするので、なかなか大変そうな作業です。

今はまだ真っ白い外観です。
製作 - -
壁の造作!


現在、店舗の壁を作っています!内装の壁ではなく、外壁です。ここはガラス窓が入って、焼き立てピザの受け渡し場所になる予定です
製作 - -
| 1/6 | >>